ページ
トップへ

自動火災報知設備R型防災システム

多彩な機能が最適なシステム構築を可能にします 自動火災報知設備R型防災システム

ニーズに合わせ最適な感知器が選べます

各種感知器をフレキシブルに組み合わせることで、建物用途・エリア・ポイントなどのニーズに合わせて柔軟なシステム構築が可能です。

間仕切り変更などにフレキシブルに対応

用途変更などで間仕切りの変更が多いテナントに対しては、専用の中継器を介してP-AT感知器を接続することにより、自動試験機能を持ちながら受信機のデータベースを変更することなく対応が可能です。

リニューアルに最適

P型システムから自動試験機能付システムにリニューアルする場合、専用中継器から接続する2次側の感知器配線を耐熱電線にする必要がなく、そのまま使用できるため、リーズナブルでより安全性の高い自動試験機能付きシステムにグレードアップが可能です。

大きな画面に大きな文字とシンボルで表示。見やすい、わかりやすい、使いやすいP-AT感知器(P型自動試験機能付感知器)の表示機能がさらに進化し、さらにわかりやすくなりました 自動火災報知設備R型防災システム
  • 1. 警報(火災・ガス漏れ・端末装置・故障など)の発生状況をシンボルとメッセージで表示します。
  • 2. LCD画面で音響停止ができます。
  • 3. 火災発生場所、内容の詳細を2地区まで表示します。3地区以上の発生時には、後続表示送りができます。
  • 4. アナログ感知器の煙濃度や温度変化をグラフ表示で確認ができます。
  • 5. ガス漏れ発生時、発生場所・内容の詳細を表示します。
  • 6. 行動ガイドによる画面表示で、行動をスムーズにします。
  • 7. 詳細な表示や設定を行える作業モードに切り替えができます。
©2014- 青森ノーミ株式会社 安心と安全をお届けする、防災のプロフェッショナル。 All Rights Reserved.